ポイントは補償内容と料金!

ポイント1:保険の補償内容をチェック!

メインの補償内容としては、ペットが万が一病気になってしまった時などに、動物病院に支払う治療費や通院費を補填するというものです。まずはしっかりここをチェックしましょう。 主な内容としては、「通院保険金」「入院保険金」「手術保険金」の3つが挙げられます。「通院保険金」「入院保険金」は通院、入院をした際に受け取れる給付金を指しますが、ここでチェックしたいポイントは支払い限度日数と支払い限度額の2つです。もし通院した際は1日当たりいくらまで補填できるのか、また年間の限度額はあるかについてもチェックしましょう。「手術保険金」については、同じように限度日数と限度額をチェックしましょう。また、回数制限がある場合もありますが、手術は年に何回も受けるものではないので、2回程度の回数があれば十分だと言えます。 オススメは保険料の補償割合が高く、限度額が高いものですね。

ポイント2:外せない!料金もチェック

補償内容をチェックしたら、気になっている保険の各社料金を比較してみましょう。同じような補償内容でも各社ばらつきがありますよね。 多くの場合保険料の支払い方法については「月払い」「年払い」の2パターン用意されており、「年払い」のほうがお得になるケースが多いので、そちらも要チェックです。さらに、インターネット割引や多頭割引という割引プランが用意されている会社もありますので、こちらもぜひ活用してください。また、保険料は1年毎に上がるのが一般的ですが、中には一定以上の歳になれば保険料が上がらないプランを持つ会社もありますので、現在のペットの歳と保険料の総額もチェックしましょう。 保険料の安さだけではなく、補償内容も加味しながら、あなたの愛するペットを守るピッタリな保険を見つけてくださいね。

関連まとめ