ペット保険の料金比較

ペット保険の加入方法と魅力

今や家族と同等の扱いになりつつあるペットたち。そんなペットが万が一怪我や大きな病気になったとき、保険に加入しているのとしていないのでは金額的に大きく差が出ます。今では様々な保険会社がペット保険を扱い始め、非常に重宝される存在になりました。 ペット保険の加入方法は主に動物病院やペットショップで専用の用紙に必要事項を記入して郵送するパターンと、オンライン上で申請するパターンがあります。いずれも既往歴と現在の年齢、避妊去勢の有無などを参考に加入可否の審査と保険額の決定が行われます。ペットが若いうちに審査をした方が加入しやすいですが、年齢を重ねるにつれて保険料も上がりますので考慮する必要があります。 またクレジットカード番号が必要になりますが、オンライン上での加入の方が郵送より安くなる場合があるのでライフスタイルにあった保険選びが大切です。 ペット保険はペットによりベストな治療をさせてあげることのできる大きな助けになりますから、活用する価値は大きいです。

ペットとより良い生活を送るために

ペット保険は様々なプランがあり、各保険会社により保険内容が大きく異なります。ペット保険は3割負担から10割負担(全額負担)のものもあります。全額負担のプランは飼い主が入院や手術の負担をし、後に保険会社に請求するスタイルのものが多いため、大きな金額をかけて一気に治療をしたい人には向いてますがこまめに病院に通う人には向いていません。中には人間と同じように保険証を提出し、保険会社が○割負担した状態で会計してくれるものがありますから、病院に通うタイプの人はこちらがオススメです。 また、多頭飼いをしている人は2匹目から保険料が安くなるので未加入の人は2匹同時に加入した方が安くなります。 ペット保険の保証内容は主にペットの怪我と病気、またはペットが誰かを怪我をさせた場合の保証も含まれているため、健康管理のためだけではなくお守りとして利用するのもオススメです。ただし、避妊や去勢手術、出産の際の帝王切開には保険が適用されない場合があるので注意が必要です。気になった保険会社のホームページや書類、口コミを参考にペットに合った保険を選びましょう。

関連まとめ